cuntinued:

Click here to see more animals being Jerks!

茶の湯の世界では、「おもてなし」には、下記の3つの原則があるという。

1.準備を整えて客を待つ(仕度の原則)
2.くつろげる空間を演出する(しつらえの原則)
3.ゲームのルールを共有する(仕掛けの原則)

 おもてなしは、まずは主人が取り仕切ることからはじまる。主人は、準備を行い、空間を演出し、客をまつ。あらかじめ前もって行う準備のことを「用意」という。

 しかし、おもてなしの本質は「主人」だけにあるのではない。上記3のルールを共有した「客」と「主客一体」になって、相互行為として達成される、というところが最大のポイントである。これを「卒意」という。

 おもてなしには、「用意」と「卒意」が必要である。つまりは、主人と客が、アドホックに機転を利かして場を構成する。

 おもてなしが成功するかどうかは、主人だけにかかっているのではない。主人と客のインタラクションの中に、おもてなしがある。

 「主人と客がともに一回かぎりの機会を思いやりをもって取り組もう」という「一期一会」、それにより「主人と客が心が通い合う状態」が生まれる「一座建立」は、こうしたインタラクションによって達成される。

  ▼

 これは、おそらく、演芸や茶の湯といった世界だけに言えることではない。
 フォーラム、セミナー、ワークショップというものでも同じだろう。きちんと主催者側が準備をしても、「お客さんが卒意をきかせてくれない場合」には、「よい場」にはならない。

 もちろん、そもそも「用意」ができていない準備不足のイベントは多々ある。そういうものは論外にしても、いくら準備をしても、その場の成功は、主人だけで決定されるわけではない。

 イベントを経験して、「あんまり面白くなかった」と感想を述べるのは簡単だ。

 しかし、その場の構成のため、
     あなたは「何」をしたのだ?

 そういうことを考えてみる必要があると思う。

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 噺家さんとお客さん (via clione)

社会のいろいろなところであてはまる話。

(via h-yamaguchi) (via motomocomo)

(via ujitomo) (via chronochrono) (via takaakik) (via ninjatottori) (via yellowblog) (via pinto) 2009-11-20 (via gkojay) (via bo-rude)

(via corned-cocooner)
ghibli-collector:

Hayao Miyazaki’s advice on how to use transparent watercolors in the booklet of the Ghibli Museum Sketching Set.
Title: My recommendation. Transparent watercolor is good.
"transparent watercolor has a strong habit", "do not paint stickily and paint after wiping the extra paint and water off", "paint thinly the bright part", "had better not use white", "paint other color after under color has dried", "let’s mix the color and use it."
Light the wool which protrudes on a new painting brush. Anything is fine for a water vessel. A retractable knife is enough for the pencil sharpener. One 2B pencil is enough for the pencil. Divide the palette into seven zones: Bright, Dark, Black, Green 1, Green 2, Blue 2, Blue 1. Do not use the eraser. Do not draw a guideline for a picture.
"these painting materials are enough for a 2-week trip and preparations for a movie."
Found this on Nausicaa.net along with the news that the new Takahata and Miyazaki Ghibli films for next summer are expected be announced this week!

ghibli-collector:

Hayao Miyazaki’s advice on how to use transparent watercolors in the booklet of the Ghibli Museum Sketching Set.

Title: My recommendation. Transparent watercolor is good.

"transparent watercolor has a strong habit", "do not paint stickily and paint after wiping the extra paint and water off", "paint thinly the bright part", "had better not use white", "paint other color after under color has dried", "let’s mix the color and use it."

Light the wool which protrudes on a new painting brush.
Anything is fine for a water vessel.
A retractable knife is enough for the pencil sharpener.
One 2B pencil is enough for the pencil.
Divide the palette into seven zones: Bright, Dark, Black, Green 1, Green 2, Blue 2, Blue 1.
Do not use the eraser.
Do not draw a guideline for a picture.

"these painting materials are enough for a 2-week trip and preparations for a movie."

Found this on Nausicaa.net along with the news that the new Takahata and Miyazaki Ghibli films for next summer are expected be announced this week!

料理を振る舞える飲食系同人誌イベントに製麺機本で出る - デイリーポータルZ:@nifty

そして「孤独のグルメ」の原作者である久住昌之さんのサイン会も開催。

料理を振る舞える飲食系同人誌イベントに製麺機本で出る - デイリーポータルZ:@nifty

そして「孤独のグルメ」の原作者である久住昌之さんのサイン会も開催。

料理を振る舞える飲食系同人誌イベントに製麺機本で出る - デイリーポータルZ:@nifty

普通の同人誌イベントっぽいのだが、会場の三分の一は仮設の調理場となっている。
製麺機で中華麺を作ったり、うどんを手打ちしたりしている人がいても、あくまでメインは同人誌の即売会だ。

料理を振る舞える飲食系同人誌イベントに製麺機本で出る - デイリーポータルZ:@nifty

普通の同人誌イベントっぽいのだが、会場の三分の一は仮設の調理場となっている。
製麺機で中華麺を作ったり、うどんを手打ちしたりしている人がいても、あくまでメインは同人誌の即売会だ。

Vault BMW R100 Cafe Racer ~ Return of the Cafe Racers
Eid al-Fitr and the end of Ramadan 2014 - In Focus - The Atlantic
Lady in RED:moreMono | wagamamaya

このアプリで撮るだけで「赤」を残して白黒にしてくれるというもの。
https://itunes.apple.com/jp/app/moremono/id348134780?mt=8

Lady in RED:moreMono | wagamamaya

このアプリで撮るだけで「赤」を残して白黒にしてくれるというもの。
https://itunes.apple.com/jp/app/moremono/id348134780?mt=8

Shand Hoy Keirin Bike | Headset Press